TOTO TLC11 立水栓修理 2019-06

またまた水道屋さんのお話です。
奥方様よりトイレ手洗いの水が止まらないと火急の報を受ける。

TLC11 立水栓
(画像)
TLC11 立水栓

調べてみると水栓ハンドルが通常止水位置で止まらず更に30度程廻る。
TV CM 500500の会社にでも修理依頼しようとも考えたが止水はするので緊急性は無くなった。

ハンドル止水位置
(画像)
ハンドル止水位置

黄色線が最大水量位置。緑色線が本来の止水位置。不良で赤色線位置まで廻る。
10年近く使用しているが寿命か怪力かと頭に浮かぶ。

出水状態
(画像)
出水状態

取り敢えず奥方様に止水は緑色線位置で使うように説明する。

WEBで型番を捜すとCAD図まで出て来た。
CAD図面検討すると「開閉バルブ THF5」なる部品が悪そうに思われるが分解して調べてみる。

先ずは水を止めます。

止水栓
(画像)
止水栓

分解開始。アッチョンブリケ!
不良原因は「開閉バルブ THF5」ではなく想像違いの「ハンドル部TH5D0257」だった。

新旧ハンドル部比較
(画像)
新旧ハンドル部比較

左側不良品、右側は新品で深さが違う。
取り寄せた新品「ハンドル部 TH5D0257」と比較すると鋳造突起が削れて無い!。
金属の鋳造突起が当たる「開閉バルブ THF5」はプラスチック製だから削られる訳が無い。

開閉バルブ THF5
(画像)
開閉バルブ THF5

欠けた鋳造部分が水栓内に残って無かったので最初からの製造不良品と判明する。
しかし保証期間を超えて10年近く普通に使えたからには経年劣化?になるかもね。

ハンドル部 TH5D0257を新旧比較すると外形、機能は同じだが内部造作が大分違う。
彼の国製?だったのか改良されている。

ハンドル部 TH5D0257 内部
(画像)
ハンドル部 TH5D0257 内部

左側不良品、右側新品。
肉厚、深さが違う。

ハンドル部 TH5D0257 フタ1
(画像)
ハンドル部 TH5D0257 フタ1

左側不良品、右側新品。
差し込み部分の大きさが違う。

ハンドル部 TH5D0257 フタ2
(画像)
ハンドル部 TH5D0257 フタ2

左側不良品、右側新品
高さが違う。フタは新型の方が取付けにくくなった。

修理後
(画像)
修理後

「開閉バルブ THF5」も同時交換する。
修理完了しました。従来通りの緑色線位置で止水します。

「ウ~・ヤ~・タァ~!」(良くやった!)

ページTOP

目次

案内

inserted by FC2 system