SONY RM-JD011

 テレビ用リモコン修理 2017-01

「あなたぁ~」XYL orz
第一級電子レンジ技士様から御呼びが掛かった。悪い予感の天の声?。
的中でテレビ用リモコンが壊れ、奥方様の大好きなテレビ番組が見られない一大事との事。

早速症状を確認すると、リモコン電源ボタンでONは出来るがOFFは出来ない。
他にも動作しないボタンがある。電池交換しても症状は変わらずとの事。
同社DVD用リモコンではテレビが正常動作するので、リモコン側不良と判断した。

不良リモコン外観。
電卓等ボタンが多数ある物の修理は、キー配列の写真を必ず撮りましょう。
経験者は語る「後々、必ず役に立ちます」。hi!

不良リモコン
(画像)
不良リモコン

リモコン型式はSONY RM-JD011。
10年程前の製品で今までにテレビと共に一度も故障発生しなかったが、ついにMTBFも尽きたか?。

リモコン型式
(画像)
リモコン型式

過去に私が経験した各種リモコン修理での主な原因は
1 電池不良(電圧低下、液漏れ)
2 電池液漏れによる電池フォルダー端子、プリント基板の腐食(アルカリ液)
3 半田付け不良(特に電池フォルダー端子が多い)
4 コーヒー等の食べこぼしによる接触不良
(本社保守部門職時代には電話機不良修理を匂いで原因究明し、コーヒー、お茶等の判別が出来ました。Hi)
5 落下によるケース損傷。重たい電池収容部分が多い。
等があった。

リモコン解体前に赤外線LEDの良否確認を行う。赤外線は肉眼では解らないのでカメラ、スマホを使う。
最新機器はWi-Fi無線使用だよね。

赤外線LED良否
(画像)
赤外線LED良否

ボタン操作でLED点灯が確認出来たので、LEDと電子回路は良好と判断する。

LED点灯確認
(画像)
LED点灯確認

いよいよリモコンの解体ショーに移る。
周囲、上下、電池ボックス内を見ても何処にもネジが無い。噛合せで止めている!。
下部に凹みがあり、ここから解体出来ると思い、こじってみたが開かない。

下部凹み
(画像)
下部凹み

リモコン周囲を押すと中間部分がたわむ。リモコン・ケース上部下部で噛み合っている様だ。
ケースの上下つなぎ目に精密ドライバーを差込み、隙間を作る。
この際、刃先が滑って怪我をしない様、リモコンに傷を作らない様に最大注意する。
出来た隙間に二本目のドライバーを並べて刺し、上下にこじり外した。
ケースが凸凹、ガタガタになってしまった。

リモコン下部
(画像)
リモコン下部

両方共マイナス刃型の精密ドライバーとドライバー。

使用ドライバー
(画像)
使用ドライバー

リモコンを上下に分解完了。

分解完了
(画像)
分解完了

プリント基板は片面。接点部を含め銅箔面全体にコーティングしてある。流石、大メーカー。
修理した中には銅箔剥き出しで緑青が発生しているリモコンもあった。

プリント基板銅箔面
(画像)
プリント基板銅箔面

プリント基板銅箔面下部にIC、トランジスタ等チップ電子部品が付いている。

基板銅箔面下部
(画像)
基板銅箔面下部

プリント基板はベークライト製だ。

プリント基板面
(画像)
プリント基板面

基板上部に赤外線LEDが。

基板上部
(画像)
基板上部

基板下部に電池端子と4.2と記載のセラミック発振子、電解コンデンサー。
電池端子は腐食も無く、半田付けも良好。

基板下部
(画像)
基板下部

ボタン部分は電気を通す導電ゴムシート。

導電ゴムシート
(画像)
導電ゴムシート

導電ゴムシートの「電源スイッチ」裏は綺麗です。

電源スイッチ裏
(画像)
電源スイッチ裏

「音量」、「チャンネル」の裏は汚れてます。

音量他
(画像)
音量他

「電源」ボタンが当たる銅箔面です。同列三個に丸く汚れがあります。
ボタン接触部分は黒くコーティングされてます。

電源銅箔面
(画像)
電源銅箔面

銅箔面拡大。

銅箔面拡大
(画像)
銅箔面拡大

銅箔面と導電ゴムシートの汚れ及び全体の油脂の除去にエタノール(無水アルコール)を使います。
近所の薬屋で買いました。右側のスプレー出来る100mLの入れ物に小分けしています。
綿棒で塗布しますが、毛が残るので、終了後に圧縮エアー・スプレーで清掃します。

エタノール1
(画像)
エタノール1

エタノール2
(画像)
エタノール2

結構汚れてます。ケース上部の食べこぼしも綺麗に清掃します。

綿棒
(画像)
綿棒

銅箔面清掃完了しました。

清掃完了
(画像)
清掃完了

100円ショップの「やすり」で解体時発生したケースの凸凹やバリを直します。

100円ショップやすり
(画像)
100円ショップやすり

なお、電気接点の接触不良修理に、紙やすり等「やすり」類を使うのはNGです。
後で必ず弊害が発生します。
「やぶへび」以上の「やぶコブラ」に注意しましょう。hi!

ケース側面
(画像)
ケース側面

ケース底面
(画像)
ケース底面

ケース上下をはめ込み、動作試験。直りました。修理完了です。
期待した晩御飯のおかず、一品追加はありませんでしたが、テレビ新調のお声も掛からずラッキー。hi!

ページTOP

目次

案内

inserted by FC2 system