スタンバイ”K”ジェネレーター製作 2016-10

会社員時代にケースまで買ってあるのだが、製作しない物が多数残っている。

退職後の宿題に、今回はローカル各局に評判の悪い「スタンバイ”K”」を製作する事にした。
MY玩具箱のをリメークでは無く、新たに製作です。

完成基板
(画像)
完成基板

前回より15年も後の1997年5月9日の日付が入った完成基板。
基板の動作確認をしましたが、電源オン時に誤動作します。
イニシャライズ・リセット回路用に、ICを一個増設しました。
LED用に定電流回路も作りました。3mAに設定します。結構明るいです。

基板改良後
(画像)
基板改良後

ケースは、此れ用に買ってあったかは不明の手持ちを使います。
プラスチック製で大きさはW100×L150×H50mm。
スイッチ回転防止ツメ用の穴も開けました。

正面穴開け
(画像)
正面穴開け

スイッチのワッシャーは内側に取付。ワッシャーを見せないメーカー製準拠の取付方法です。hi

正面取付後
(画像)
正面取付後

前後のMICコネクター穴開けには16mmのホルソーを使いました。

後面穴開け
(画像)
後面穴開け

出力は8Pマイク用コネクターのジャック。メス使用。ICOM用のピン配線です。

後面取付後
(画像)
後面取付後

事前準備にMICコネクター、スイッチ、LEDを配線しておきます。

配線前準備
(画像)
配線前準備

部品取付、端子台を使用して配線。完成しました。

取付配線後
(画像)
取付配線後

回転防止用に各所ホット・ボンドで固定しました。

内部前面側
(画像)
内部前面側

内部後面側
(画像)
内部後面側

今回の電源は電池を使用せず、トランシーバー本体から電源を供給します。
マイク回路許容出力電流はMax10mAですが、動作時はLEDを含め全電流で約半分になってます。

全電流表示
(画像)
全電流表示

新旧比較。旧型は金属製ケースを使用してます。

新旧比較
(画像)
新旧比較

プラスチック製ケースの加工は大変楽なのですが、傷が出来易いです。
軽すぎて、取扱いの際にマイク・コードに負けてしまいます。
今後の各種製作には金属製ケースを使用します。

完成
(画像)
完成

35年経ってもローカル呪縛は残っていました。折角作ったのに、残念ながらジャンク箱行きです。hi

ページTOP

目次

案内

inserted by FC2 system