NISSAN CUBE Z12

ドライブ・レコーダー配線整理 2014-05

ドライブ・レコーダーをディーラーに取付依頼した。
電源がシガー・ソケットに差し込まれていて、助手席の奥方様よりお膝に当たるとの事。
手直しを「ははぁ~、かしこまりました」と請け負った。XYL orz

ドライブ・レコーダー本体

DR本体
(画像)
DR本体

問題の電源プラグはグローブ・ボックスの開閉にも邪魔だ

電源プラグ
(画像)
電源プラグ

まだ保証期間中なので、自動車用品店で買って来た電源ソケットを中間に入れる事にした

電源ソケット
(画像)
電源ソケット

電源ソケット能書き

電源ソケット能書き
(画像)
電源ソケット能書き

電源取出し用平形ヒューズとミニ・ヒューズ。
ウチのキューブはミニ・ヒューズだ。

ヒューズ2種
(画像)
ヒューズ2種

グローブ・ボックスを取外し、ドライブ・レコーダー配線ルートを確認する。
剥き出しの金属類や突起物があるので、手首のケガに注意する。

内部配線1
(画像)
内部配線1

内部配線2
(画像)
内部配線2

増設電源ソケットの配線を開始する。
増設電源ソケットとプラグ間に隙間があり、抜けない様にインシュロックの切れ端を詰めた。
この後三年間異常無しなので、このまま使用している。

改良中配線1
(画像)
改良中配線1

増設電源ソケットとプラグの接続部分に、自己融着テープを巻き、抜けない様に固定する。

改良中配線2
(画像)
改良中配線2

さらに走行中にガタガタ、カタカタ音が出ない様に、周囲にビニル・シートを巻付ける。
カバー後はインシュロックで固定する。

改良中配線3
(画像)
改良中配線3

ヒューズ・ボックスのヒューズを増設電源ソケットののヒューズ付取出線に交換する。
取出線はヒューズの負荷側にします。

改良後内部配線
(画像)
改良後内部配線

これで配線はお終い。ドライブ・レコーダーの動作確認を行います。

ページTOP

目次

案内

inserted by FC2 system