フリーCAD BSch3V導入 2018-04

フリーソフトCAD の水魚堂 BSch3V を導入した。面白くて3か月以上遊んでいる。

水魚堂ホームページ

CAD は会社員時代に少々かじった経験があるがフリーで素晴らしいソフトだ。
高名な製作記事サイトで多数使われている。
回路図だけでは無くパネル、シャーシー・デザインにも使えそうだ。

パーツの部品ライブラリーも充実しており、他より公開と合わせて大変重宝している。
部品製作ソフトも有るので 自分用 にオリジナルに無い物も作ってみた。

自分用
(画像)
自分用

早速昔昔の手書き図面を CAD 化してみた。
手書き図面はノートや B5、A4 紙面で30年分在る。終活準備?。

原図
(画像)
原図

CAD 化例の原図は昔昔のレピーター用 88.5Hz トーン・エンコーダー。
正確には出力周波数 88.495Hzだ。
当時、秋葉原の部品販売店に似た名前だった四畳半メーカーのキット製作説明書。

丁度日本最初のレピーター JR1WA が1982年3月に JARL 巣鴨に出来た時で製作記事も多数在った。
自作トーン・エンコーダー局が変調レベルが高い「ブーン」音で良くアクセスしていた。

手書き
(画像)
手書き

上のキット回路図を書き写しした紙面。
日付は36年前!の1982年4月1日。エイプリルフール?

CAD化
(画像)
CAD化

手書き図面を BSch3V で 製図 した。
構成、配置等を除き綺麗に CAD 化出来た。

自作品
(画像)
交換後

図面で製作した自作品。
手持ち部品で作ったので二枚とも回路は同じだが配置、部品、サイズが異なる。
商売っ気無し?でローカル局用に何枚か作り QSY しました。
この自作トーン・エンコーダーで東京から立山、遠笠山のレピーターをカーチャンク Kerchunk していた。

CAD から外れてレピーターの話に?。
「お呼びでない?…こりゃまた失礼いたしました!!!」。拝。Hi。

ページTOP

目次

案内

inserted by FC2 system