(株)クラニシ RW-155D  その2  2014-09

ハムフェアで、ローカル局が本物のクラニシ RW-155D を買って来た。
一見して当局のとはメーターの形状が違うが、前面パネル表記の ROAD は同じだ。
早速泣かして取り上げ、得意?の解体に移る。

写真写りが悪いが、実物の外観は正常で変形してません。

RW-155D前面
(画像)
RW-155D前面

ウチのとはメーター外観が異なる前面。

RW-155Dメーター
(画像)
RW-155Dメーター

前面パネル裏面

前面パネル裏面
(画像)
前面パネル裏面

切替スイッチ基板は RW-151D 用を流用している。
良く見ると、切替スイッチが中に押されて、少し前面より引っ込んでいる。
金具も湾曲している様に見える。

切替スイッチ基板
(画像)
切替スイッチ基板

取外して調べると、取付金具が変形していたため修正する。
原因は外力か?機械加工不良か?不明である。

切替スイッチ取付金具
(画像)
切替スイッチ取付金具

取付金具変形部分拡大

変形部分拡大
(画像)
変形部分拡大

取付金具取外し
(画像)
取付金具取外し

取付金具を取外し、修正を掛けました。
レンジ設定用半固定ボリュームを精密多回転型に交換後、校正。これで整備完了とする。

接続コネクターはN型です。

RW-155D裏面
(画像)
RW-155D裏面

裏面表示シールが少々薄くなっているが、表示は間違いなく RF DUMMY-LOAD のRW-155D。

RW-155D裏面表示シール
(画像)
RW-155D裏面表示シール

inserted by FC2 system